gotop

会社案内

CNC Machining Parts Manufacturer
詠翊について:
詠翊科技は2005年4月の設立以来、2005年4月の設立以来、CNCフライス盤加工において20年の実績を培い、その生産製品は電子、オプティカル及び半導体自動化設備などの産業を跨っています。現在、工場内の設備はCNCフライス盤8台(龍門フライス盤一台を含む)、伝統型フライス盤7台、伝統型旋盤、平面研削盤など計20台の精密設備があります。

また、有効的に生産率を向上し、サービス範囲を拡大する為、積極的に規模の拡大及び新しい生産設備の購入をを継続してきました。本社はお客様のニーズに応じて開発設計加工に対応することができます。また、各部品の受注から生産までの過程は全て一番きびしい加工生産技術及び品質検査作業を採用しております。

詠翊科技は感謝の心、勤倹着実、革新継続、技術向上、弛まぬ努力真面目な態度でもって、各大手業者様と日本の客様からご好評、ご称賛いただいています。これからも、詠翊機械は優良なスタイルを維持しながら、『品質第一、確実な納品』を遵守し、お客様のためにサービスを続けてゆきます。
歴史沿革
2015年12月31日
2015年12月さらに、ISO9001:2008を取得しました。
2015年6月15日
新購買:亞崴龍門マシニングセンタLP-3021 (最大行程数X/3000*Y/2100mm)
2014年5月30日
買亜崴立形マシニングセンタAV-1460 (最大行程数X/1400*Y/620mm)
2012年4月
龍門花マシニングセンタ」(VP-2012)一台を増設。部品生産が X軸2000mm / Y軸1200mmまで可能となり、多数の半導体設備業者の長期協力業者と成る。
2011年4月
4月に新しい工場が竣工。面積は500坪。二つの工場を合併し、台湾中部の大手加工工場の一員となる。同年6月及び7月に一台のCNCフライス盤設備を購入し、加工範囲はX1400 Y800までに増加。職員は24名。
2010年
詠翊科技が一番快速に正常した都市。伝統型設備が9台までに増加。CNCフライス盤説意は6台に増加。同年に詠翊科技第二工場を設立し、職員は16名までに増加。7月にTESA二次元測定機一台を購入。
2009年4月
4月詠翊科技ウェブサイトが正式にオンラインし、会社のカタログ作成完了。同年9月い尾株式市場上場会社「盟立自動化」(2464) と) コラボレーションパートナシップを締結。
2008年3月
測量精度0.002MMを向上すべく、3Dプロジェクター一台を購入。同年6月にお客様へのサービスを拡大し、納品時間を短縮するため、勤務形態は2交代制に変更実施。
2007年
「会社は品質及び職員の良好的な仕事の環境を務めるべく、6月に全工場の空調を導入。9月に伝統フライス盤加工部を成立。同年に株式上場会社「亞洲光学(ASIA OPTIAL)、(3019)」及び「新鉅科(3630)」とコラボレーションパートナシップを締結。
2006年6月
6月旧称「呈翊企業社」から「詠翊科技有限公司」に改制・改名。 同年に第三台のCNCフライス盤設備を購入。職員四名。同年に株式市場上場会社・「中國砂輪(1560)」と契約を締結し、正式にコラボレーションを開始。
2005年3月
3月に呈翊企業社を成立。同年に二台のCNCフライス盤を購入。職員二名。
營業項目
  • 自動化設備部品加工
  • 電子精密部品加工
  • 航空宇宙部品加工
  • 光学治具加工
加工材質
  • 鋼鉄材 – S50C, SS41, SKD11, SKD61, SK-3, SCM440, M315
  • ステインレス材 – SUS303, SUS304, SUS420, SUS316, SUS440
  • アルミ材 – 5052, 5083, 6061, 7075
  • エンジニアリングプラスチックス – POM, PETP, PEEK, NC NYLON, PPS, ベークライト,アクリル、etc